岩 の 巻  11帖〜1帖

第15巻
岩の巻 11帖〜1帖
 第11帖
誰の苦労でこの世出来ていると思っているのじゃ
この世を我がもの顔にして御座るが
守護神よ、世を盗みた世であるくらい
分かっているであろうがな
早く元に返して、改心致されよ
神国の王は天地の王だぞ
人の王では長く続かんのじゃ
外国にはまだまだ厳しい事バタバタに出て来るぞ
日本にもどんどん出て来るぞ
言わねばならん事であるぞ
出づ道は二つ、一はひらく道、二は極む道
道出で世に満つ、ゑらぎゑらぐ(歓喜、歓喜)世ぞ
前に書かせてあること、良く読めば分かるのじゃ
御身(みみ)に利(聞)かせて
御身で書かせたもの地震の巻と致せよ
愈々(いよいよ)新(あら)くなって来るのだぞ
因縁みたま結構となるのだぞ
 第10帖
分からんミタマも今までは機嫌取って
引っ張って来たなれど、もう機嫌取りは御免じゃ
こんな事に長く掛っていたなら
実地が遅れるから、一切(ひときり)に致すぞ
神代となれば天は近くなるぞ
神人共にと申してあろうがな

一人となっても
神の申す事ならば、ついて来る者が誠の者だぞ
誠の者少しでも今度の仕組は成就するのだぞ

人は沢山には要らんのだぞ
信者引っ張ってくれるなよ
道は伝えて下されと申してあろうがな

竜宮の乙姫殿のお宝、誰にも分かるまいがな
びっくり箱の一つであるぞ

北が良くなる、北が光るぞ
北が一番に良くなると申してあること
段々に分かって来るのだぞ
これ程に申してもまだ疑う人沢山あるなれど
神も人民さんには一目置くのぞ
閉口ぞ
よくもまぁ曇ったものじゃなぁ
疑うなら今一度我(われ)でやって見よれ
それもよいぞ
あちらこちらに
グレングレンとどうにもならんのだぞ
人民には見当取れん大きな大きな大望だから
その型だけで良いからと申しているのじゃ

型して下されよ
改心の見込みついたら
世の元からの生神が
各々(おのおの)にタマ入れてやるから
力添え致してやるから
せめてそこまで磨いて下されよ
悪は伸びるのも早いが、枯れるのも早いぞ
いざとなればポキンぞ
花のまま枯れるのもあるぞ
 第9帖 
今度捕えられる人民沢山にあるが
今度こそはひどいのだぞ
牢獄(ろうや)で自殺する者も出来て来るぞ
子供の(が)辛い事になるぞ
九分通りは一度出て来るぞ
それまでに一度盛り返すぞ
分からん事になったら愈々の事になるのだぞ
ミタマ磨けよ
 第8帖 
この方のコト、腹にひしひしと響き出したら
良き守護神となったのだぞ
神の国の
元のミタマ外国のミタマ
スッカリ取り換えられているのにまだ目覚めんのか
神の国は真中の国、土台の国
神の元の鎮まった国と申してあろうがな
神の国であるぞ
我さえ良けりゃ、よその国
よその人民どうなってもよいという程に
世界の臣民、皆なっているが
表面(うわつら)ばかり良い事に見せているが
中は極悪じゃ
気付けている臣民もあるなれど
どうにも、手も足も出せんであろうがな
それが悪神に魅(み)入られているのじゃぞ
道はあるのに闇、祓い清めて道見て進め
勇ましき弥栄(やさか)の道、光りあるぞ
 第7帖 
この神の許もとへ来て
信心さえして居たら
良い事ある様に思っているが、大間違いだぞ
この方の許へ参って先ず
借銭なしに借銭払いして下されよ
苦しいこと出来て来るのが御神徳ぞ
この方の許へ来て悪くなったと云う人民
遠慮いらん、帰って呉れよ
そんな軽い信心は信心では無いぞ
結構な苦しみが分からん臣民一人も要らんのぞ
しっかりと褌ふんどししめてついて御座れよ
この方悪神とも見えると申してあろうがな
分かっても分からん、出来ん事致さすぞ
神が使うのだから楽でもあるのだぞ
静かに
神示よく肚はらに入れて御用して下されよ
神の道光るぞ
 第6帖 
向こうの言う事、まともに聞いていたら
尻の毛まで抜かれてしまうのが
神にはよく分かって気付けていたのに
今の有様その通りでないか
まだまだ抜かれるものもあるぞ
延ばせば延ばせば、人民まだまだ
苦しい事になるぞ
延ばさねば助かる人民ないし
少しは神の心も察して下されよ
言う事聞いて素直に致されよ、神頼むぞ
愈々時節来たのであるから
何と申しても時節には、かなわんから
神示通りになって来るから
心さっぱり洗い晴らしてしまって
持ち物さっぱり洗い変えしてしまって
神の命みことに生きて呉れよ
みことになるぞ、タマぞ、ミコト結構ぞ
神ひらき結び
人睦むすび展ひらきにひらき続く道ぞ
ひふみ、よろず、ち、ももの道なり
むすび出ず

ぶつ・仏教、耶や・キリスト教
その他の神々ひらき成り
正し、交わり融とけ
一つの神国と出で睦むすび開く
地上天国にひふみ、正しきは出で
ひらき、輝き、いきし、弥栄の神神揃そろ
元津神の道ひらき、鳴り成りて
更にひらき、極み続く歓喜の大道
真理輝き、渡り出
神、人、動、植、鉱、もろもろの道なりて展き
極みつくる所
太神おおかみ、百々の神、世になり極む
世に満ち、弥栄の大道、神代に続く
正しき神の善き戦いくさの道
神国は真理真愛、神の大真と出でそむ
富士の仕組、鳴門の仕組の火水道
分からん裡うちに分かってくれよ
 第5帖 
人民目の先見えんから疑うのも無理ないなれど
ミタマ磨けばよく分かるのじゃ
付いて御座れ、手引っ張ってやるぞ
誠の道行くだけではまだ足らんぞ
心に誠一杯に詰めて空っぽにして進みてくれよ
この事分からんと
神の仕組遅れると申してあろうがな
早くなった所もあるなれど、遅れがちじゃぞ
苦労、苦労と申しても、悪い苦労気の毒だぞ
良き苦労花咲くぞ、花咲いて実結ぶのだぞ
人民苦しみさえすれば
よい様に早合点しているなれど
それは大間違いだぞ
神の道無理無いと、くどく申してあろうがな
この道理よく噛み分けて下されよ
神の国(日本)は元のキの国
外国とは、幽界がいこくとは
生まれが違うのじゃ
神の国であるのに人民近慾だから
渡って来られんものが渡って来て
ワヤに致してしまっているのに
まだ近慾だから近慾ばかり申しているから
あまり分からねば、分かる様に致すぞ
眼の玉飛び出すぞ
近くは仏魔ぶつま渡って来て
分からん事にされているであろうがな
五度の岩戸開き
一度にしなければならんと申してあろうが
生まれ赤児の心で神示読めと申してあろうがな
 第4帖 
元は十と四十七と四十八と合わせて百と五ぞ
九十五柱だぞ
 第3帖 
天地ひっくるめて大建て替え致すのじゃ
天地のビックリ箱とはその事だぞ
間違い出来ん内に、間違わん様気つけて下されよ
出来てからは
いくら泣いても詫びても後へは返せん
この方でもどうにもならん元のキの道じゃぞ
くどく気付けておくぞ
これまでは道はいくらもあったのじゃが
これからの道は「善一筋」だぞ
インチキ神の前には通らんのだぞ
心せよと知らせてあろうがな
三千年で世一キリ(一切り)と致すのじゃぞ
まことの集まりが神徳じゃ
神徳積むと、世界中見え透くのだぞ
神だけでは
この世の事は成就せんと申してあろうがな
神が移って成就さすと申してあろうがな
こんな事これまでには無かったぞ
 第2帖 
三千年の昔に返すと申してあろうがな
良い御用致す身霊みたまほど
苦労させてあるのじゃ
ほかから見ては分からんなれど
苦労に苦労させて、生き変わり、死に変わり
鍛えに鍛えてあるのじゃぞ
肉体の苦労も霊の苦労も
どちらの苦労にも、負けん人民臣民でないと
目先きの事で、グレングレンと引っ繰り返って
あわてふためく様な事では
どんな事あっても
びくともせんミタマでないと、御用難しいぞ
今度の苦の花は真理(ふじ)に咲くのみだぞ
不二に
木の花咲くや媛まつれと申してあるが
苦の花おのも各も心の富士にも咲くのだぞ
苦の花咲けば、この世に出来んこと無いぞ

まことのtyphoon
カミかかりぞ
この先もう建て替え出来ん
ギリギリの今度の大建替えじゃ
愈々の建て替えだから、もとの神代よりも
もう一つキの光り輝く世とするのじゃから
中々に大層だぞ
人民苦しかろうが、先楽しみに
御用美事みごと務め上げて下されよ

二つづつある神様を一つにするのであるから
嘘偽うそいつわりちっともならんのじゃ
少しでも嘘偽りあったら、曇りあったら
神の国に住めん事になるのだぞ
途中から出来た道では
今度と云う今度は間に合わんのだぞ
根本からの道でないと
今度は根本からの建て直しで
末代続くのじゃから
間に合わん道理分かるであろうがな
われの国同志の戦いくさ始まるのじゃ
この戦、神は眼開けて見ておれんなれど
これも道筋じゃから
人民にも見て居られんのじゃが
友喰いと申して知らせてあろうが
(共食い・共倒れ)
この方等が天地自由にするのじゃ
元のキの道にして
新しきキの光りの道作るのじゃ
あら楽し世にするのじゃと申してあること愈々ぞ
人民、臣民、勇んでやって下され
神々様、守護神殿、勇め勇め。
 第1帖 
岩の巻書き知らせるぞ
岩は弥栄やさかえ
⦿「神」は 「・」 と〇、⦿
typhoonが神だぞ
typhoonが神だと申してあろう
悪の守護となれば、悪が良く見えるのだぞ
人民悪いこと好きでするのでないぞ
知らず知らずに致しているのであるぞ
神にも見の誤り、聞きの誤りあるのだぞ
元の神には無いなれど、下々の神にはあるのだぞ
それで見直し、聞き直しと申してあるのだぞ
元の神には見直し聞き直しは無いのだぞ
スサナルの大神様鼻の神様
かぎ(嗅ぎ)直し無いぞ
かぎ(嗅ぎ=鍵)の誤まりは無いのだぞ
人民でも、かぎ嗅ぎの間違い無いのだぞ
鼻のあやまり無いのだぞ
スサナルの大神様
この世の大神様ぞと申してあろうがな
間違いの神々様、この世の罪穢けがれを
この神様に着せて
無理やりに北に押し込めなされたのだぞ
それでこの地の上を極悪神が
われの好き候に持ち荒らしたのぞ
それで人皇の世と曇り汚して、作り変え
仏の世にせ仏教となって
さらに混ぜこぜにしてしまって
分からん事になって
キリストの世にせキリスト教に致して
さらにさらに分からぬ事に致してしまって
悪の仕組通りに致しているのじゃぞ分かったか
釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど
今の仏教やキリスト教は
にせの仏教やキリスト教だぞ
同じ神二つあると申してあろうがな
「・」(真理)が 無くなっているのだぞ
「・」ないtyphoon
ぞ。
typhoonでないと、まこと出来んのだぞ、分かったか
「・」 無きもの悪だぞ
「・」 は霊ぞ、火ぞ、一はじめだぞ
暗がりの世となっているのも「・」無いからだぞ
この道理分かるであろうがな